くすりのしおり

注射剤
2014年6月改訂

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。そのために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。
商品名:
ブレオ注射用5mg
 主成分:
ブレオマイシン塩酸塩(Bleomycin hydrochloride)
 剤形:
注射剤
 シート記載:

この薬の作用と効果について

細胞のDNA(デオキシリボ核酸)鎖を切断したり、DNA合成を抑えてがん細胞が増えるのを抑え、腫瘍を小さくする作用を示します。
通常、皮膚がん、頭頸部がん(上顎がん、舌がん、口唇がん、咽頭がん、喉頭がん、口腔がんなど)、肺がん(特に原発性および転移性扁平上皮がん)、食道がん、悪性リンパ腫、子宮頸がん、神経膠腫、甲状腺がん、胚細胞腫瘍(精巣腫瘍、卵巣腫瘍、性腺外腫瘍)の治療に用いられます。他の抗がん剤と組み合わせて使用されることがあります。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。呼吸器や心臓に病気がある。腎臓障害、肝臓障害がある。胸部やその周辺部に放射線治療を受けている。水ぼうそうにかかっている。以前にブレオマイシン、ペプロマイシンンの投与を受けたことがある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量(この薬の使い方)

  • あなたの用法・用量は(医療担当者記入)
  • 通常、静脈内、筋肉内、皮下または動脈内へ注射します。通常、1週2回を原則とし、症状に応じて1日1回を連日または1週間1回に適宜増減します。
    小児の胚細胞腫瘍、悪性リンパ腫:通常、1〜4週間ごとに静脈内に注射します。
  • 具体的な使用期間については、医師にお聞きください。
  • この薬の注射前と後に発熱を予防するため、抗ヒスタミン剤、解熱剤を使用することがあります。

生活上の注意

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、間質性肺炎、肺線維症、皮膚の硬化・色素沈着、発熱・寒気、脱毛、食欲不振・体重減少、全身倦怠感、吐き気・嘔吐、口内炎、爪の変化、発疹、蕁麻疹、発熱を伴う紅皮症などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 発熱、から咳、呼吸困難[間質性肺炎、肺線維症]
  • 顔面蒼白、冷汗、立ちくらみ、めまい、息切れ、意識消失[ショック]
  • 皮下出血、鼻血、歯ぐきの出血[出血]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

医療担当者記入欄  

より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。また、医療専門家向けの「添付文書情報」が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されています。

キーワード検索

 

 

 

 

更に絞り込む

製品名を索引から探す
製品名で検索

医薬品情報データサービス iyakuSearch

添付文書は(財)日本医薬情報センター(JAPIC)のデータベース「iyakuSerch」にリンクしています。