あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
あなたのくすりいくつ飲んでいますか?
画像
画像

高齢になると、くすりの数が増えて
副作用が起こりやすくなるので
注意が必要です。

監 修:
東京大学大学院医学系研究科老年病学教授 秋下 雅弘
厚生労働省
制 作:
一般社団法人 くすりの適正使用協議会
日本製薬工業協会

なぜ、高齢者ではくすりの数が増えるの?

高齢になると、複数の病気を持つ人が増えてきます。

病気の数が増え、受診する医療機関が複数になることもくすりが増える原因となります。

75歳以上の高齢者の4割は5種類以上のくすりを使っています。高齢者では、使っているくすりが6種類以上になると、副作用を起こす人が増えるというデータもあります。

画像
画像

「ポリファーマシー」って聞いたことありますか

多くのくすりを服用しているために、副作用を起こしたり、きちんとくすりが飲めなくなったりしている状態をいいます。単に服用するくすりの数が多いことではありません。

なぜ、高齢者では副作用が起こりやすいの?

高齢になると、肝臓や腎臓の働きが弱くなり、くすりを分解したり、体の外に排泄したりするのに時間がかかるようになります。

また、くすりの数が増えると、くすり同士が相互に影響し合うこともあります。

そのため、くすりが効きすぎてしまったり、効かなかったり、副作用が出やすくなったりすることがあります。

「なにか変だな」「いつもと違う」と感じたら?

くすりを飲んでいて、次のような症状が気になることはありませんか?くすりが追加されたり、変わったりした後は、特に注意しましょう。

画像
画像

医師、薬剤師に相談

気になる症状があっても、勝手にくすりをやめたり、減らしたりするのはよくありません。くすりが多いからといって必ず減らすべきということではありません。くすりによっては、急にやめると病状が悪化したり、思わぬ副作用が出ることがあります。必ず、医師や薬剤師に相談しましょう。

画像
画像

相談する時は具体的にどうすればいいの?

画像
画像
画像

日頃から、注意しておくことは?

画像
画像

もっと詳しいことが知りたい方は、一般社団法人日本老年医学会のホームページに掲載のパンフレットをご覧ください

多すぎる薬と副作用(PDF)

この内容はPDFでもダウンロードできます。

PDFダウンロードはこちら

PDFアクロバット

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

  • twitter
  • facebook
up