検索結果

総件数:1661件

表示件数 

通常、次の疾患または状態におけるカリウム補給(マグネシウム欠乏を合併している疑いのある場合)に用いられます。降圧利尿剤、副腎皮質ホルモン、強心配糖体、インスリン、ある種の抗生物質などの連用時。低カリウム血症型周期性四肢麻痺。心疾患時の低カリウム状態。肝疾患時の低カリウム状態。重症嘔吐、下痢、カリウム摂取不足および手術後。
通常、慢性関節性リウマチ、変形性関節症、筋肉痛、頭痛などの鎮痛や、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
通常、関節リウマチ、関節痛、術後疼痛、歯痛、神経痛、腰痛、筋肉痛、打撲痛、痛風、頭痛、生理痛などの痛み、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に使用されます。
通常、慢性関節リウマチ・変形性関節症ほか各種の疾患に伴う痛みや、急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病の治療に用いられます。
通常、川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)の治療に用いられます。
通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術・経皮経管冠動脈形成術施行後における血栓・塞栓形成の抑制に用いられます。
通常、川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)の治療に用いられます。
通常、川崎病(川崎病による心血管後遺症を含む)の治療に用いられます。
通常、狭心症、心筋梗塞、一過性脳虚血発作、脳梗塞、冠動脈バイパス術あるいは経皮経管冠動脈形成術施行後における血栓・塞栓の形成を予防します。
通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術あるいは経皮経管冠動脈形成術施行後における血栓・塞栓形成の抑制に用いられます。
通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
通常、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞における血栓・塞栓の形成を予防します。
通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
通常、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、冠動脈バイパス術施行後などにおける血栓・塞栓形成の予防に用いられます。
通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
通常、狭心症、心筋梗塞、虚血性脳血管障害、冠動脈バイパス術・経皮経管冠動脈形成術後における血栓・塞栓形成の予防に用いられます。
通常、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
通常、関節リウマチ、変形性関節症ほか各種の痛みを伴う疾患や、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
通常、慢性関節リウマチ、変形性関節症のほか各種の痛みを伴う疾患や急性上気道炎の解熱・鎮痛、川崎病やその心血管後遺症の治療に用いられます。
通常、慢性関節リウマチ、変形性関節症ほか各種の痛みや川崎病の治療、急性上気道炎の解熱・鎮痛に用いられます。
通常、湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、皮膚そう痒症、薬疹・中毒疹、口内炎、小児ストロフルス、フリクテン、慢性肝疾患における肝機能異常の改善に用いられます。
通常、気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺気腫にもとづく気管支痙攣の緩和に使用されます。
通常、かぜや気管支炎などの咳症状および喀痰喀出困難に使用されます。
通常、かぜや気管支炎などの咳症状および喀痰喀出困難に使用されます。
通常、かぜや気管支炎などの咳症状および喀痰喀出困難に使用されます。

キーワード検索

 

 

 

 

更に絞り込む

製品名を索引から探す
製品名で検索