検索結果

総件数:1651件

表示件数 

通常、ビタミンC欠乏症の予防および治療(壊血病、メルレル・バロー病)、ビタミンCの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時など)、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される薬物中毒の治療、皮膚疾患などに用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒や皮膚疾患などビタミンCの欠乏または代謝障害が推定される場合に用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療(壊血病、メルレル・バロー病)、ビタミンCの需要が増大し食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時など)、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される諸疾患〔毛細管出血(鼻出血、歯肉出血、血尿など)、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の骨基質形成・骨癒合促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光線過敏性皮膚炎〕に用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒や皮膚疾患などビタミンCの欠乏または代謝障害が推定される場合に用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防および治療(壊血病、メルレル・バロー病)、ビタミンCの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時など)、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される薬物中毒の治療、皮膚疾患などに用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療、食事からの摂取が不十分な際の補給、薬物中毒や皮膚疾患などビタミンCの欠乏または代謝障害が推定される場合に用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防や治療(壊血病、メルレル・バロー病)、ビタミンCの需要が増大し食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、はげしい肉体労働時など)、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される諸疾患〔毛細管出血(鼻出血、歯肉出血、血尿など)、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の骨基質形成・骨癒合促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光線過敏性皮膚炎〕に用いられます。
通常、ビタミンC欠乏症の予防および治療、ビタミンCの需要が増大し食事からの摂取が不十分な際の補給、ビタミンCの欠乏または代謝障害が関与すると推定される疾患の治療に用いられます。
通常、白癬(足白癬、体部白癬、股部白癬)、カンジタ症(間擦疹、指間びらん症、爪囲炎)、癜風(なまず)の治療に用いられます。
通常、白癬(足白癬、体部白癬、股部白癬)、カンジタ症(間擦疹、指間びらん症、爪囲炎)、癜風(なまず)の治療に用いられます。
通常、白癬(足白癬、体部白癬、股部白癬)、カンジタ症(間擦疹、指間びらん症、爪囲炎)、癜風(なまず)の治療に用いられます。
通常、気管支喘息(重症発作時を除く)、喘息性気管支炎、急性気管支炎、慢性気管支炎、感冒・上気道炎に伴う咳および気道閉塞症状の治療に用いられます。
通常、気管支喘息や気管支炎にともなう咳、気道閉塞症状の治療に用いられます。
通常、感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)に伴う咳、気管支造影術や気管支鏡検査後の咳の治療に用いられます。
通常、感冒、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺炎、肺結核、上気道炎(咽喉頭炎、鼻カタル)に伴う咳、気管支造影術や気管支鏡検査後の咳の治療に用いられます。
通常、上気道炎や肺炎など呼吸器の病気に伴う咳の治療に用いられます。
通常、上気道炎や肺炎など呼吸器の病気に伴う咳の治療に用いられます。
通常、上気道炎や肺炎など呼吸器の病気に伴う咳の治療に用いられます。
通常、気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎の治療に用いられます。
通常、気管支喘息、急性気管支炎、慢性気管支炎の治療に用いられます。
通常、単純疱疹、造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制、帯状疱疹、水痘(水ぼうそう)、性器ヘルペスの再発抑制の治療に用いられます。
体内のカルシウムの不足を補います。
主にカルシウムが不足しやすい方の補給や、低カルシウム血症の症状改善に使用されます。
通常、次の疾患または状態におけるカリウム補給に用いられます(降圧利尿剤、副腎皮質ホルモン、強心配糖体、インスリン、ある種の抗生物質などの連用時。低カリウム血症型周期性四肢麻痺。心疾患時の低カリウム状態。重症嘔吐、下痢、カリウム摂取不足および手術後)。
通常、次の疾患または状態におけるカリウム補給に用いられます(降圧利尿剤、副腎皮質ホルモン、強心配糖体、インスリン、ある種の抗生物質などの連用時。低カリウム血症型周期性四肢麻痺。心疾患時の低カリウム状態。重症嘔吐、下痢、カリウム摂取不足および手術後)。
通常、次の疾患または状態におけるカリウム補給(マグネシウム欠乏を合併している疑いのある場合)に用いられます。降圧利尿剤、副腎皮質ホルモン、強心配糖体、インスリン、ある種の抗生物質などの連用時。低カリウム血症型周期性四肢麻痺。心疾患時の低カリウム状態。肝疾患時の低カリウム状態。重症嘔吐、下痢、カリウム摂取不足および手術後。

キーワード検索

 

 

 

 

更に絞り込む

製品名を索引から探す
製品名で検索