検索結果

総件数:350件

表示件数 

通常、HER2過剰発現が確認された手術不能または再発乳がんの治療に用いられます。
通常、産後の神経症、体力低下、月経不順などの治療に用いられます。
通常、狭心症の治療に用いられます。急に起こった発作をすぐにしずめるための薬ではありません。
通常、狭心症の治療に用いられます。急に起こった発作をすぐにしずめるための薬ではありません。
通常、狭心症の治療に用いられます。急に起こった発作をすぐにしずめるための薬ではありません。
通常、抗生物質(ペニシリン系、セファロスポリン系、アミノグリコシド系、マクロライド系、テトラサイクリン系)、化学療法剤(ナリジクス酸)服用時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善に用いられます。
通常、胃・十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群、非びらん性胃食道逆流症などの治療、低用量アスピリン・非ステロイド性抗炎症薬服用時における胃・十二指腸潰瘍の再発抑制に用いられます。
通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群の治療に用いられます。
通常、2種類の抗菌薬とともに、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃におけるヘリコバクター・ピロリ感染症、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎に用いられます。
通常、胃・十二指腸潰瘍、胃炎、上部消化管機能異常における制酸と症状の改善に用いられます。
通常、アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎の治療に用いられます。この薬は点鼻してすぐに鼻症状を軽減する薬ではありません。
通常、高ビリルビン血症における肝機能の改善やうっ血性心不全の治療に用いられます。
通常、白癬(足部白癬)、カンジダ症(指間糜爛症、間擦疹など)、癜風の皮膚真菌症の治療に用いられます。
通常、白癬(足部白癬)、カンジダ症(指間糜爛症、間擦疹など)、癜風の皮膚真菌症の治療に用いられます。
通常、白癬(足部白癬)、カンジダ症(指間糜爛症、間擦疹など)、癜風の皮膚真菌症の治療に用いられます。
通常、主として炭水化物の消化異常症状の改善に用いられます。
通常、内痔かく、外痔かくの出血、腫れ、痛み、かゆみの改善やけがや手術後の皮膚の腫れをやわらげる治療に用いられます。
通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、上部消化管出血、胃炎の症状などの治療に用いられます。
通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、上部消化管出血、胃炎の症状などの治療に用いられます。
通常、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、Zollinger-Ellison症候群、逆流性食道炎、上部消化管出血、胃炎の症状などの治療に用いられます。
通常、上部消化管出血(消化性潰瘍、急性ストレス潰瘍、出血性胃炎による)、侵襲ストレス(手術後に集中管理を必要とする大手術、集中治療を必要とする脳血管障害・頭部外傷・多臓器不全・重症熱傷など)による上部消化管出血の抑制、麻酔前投薬に用いられます。
通常、卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌、子宮体癌、再発または遠隔転移を有する頭頸部癌、再発または遠隔転移を有する食道癌、血管肉腫、進行または再発の子宮頸癌、再発または難治性の胚細胞腫瘍(精巣腫瘍,卵巣腫瘍,性腺外腫瘍)の治療に用いられます。
通常、卵巣癌、非小細胞肺癌、乳癌、胃癌、子宮体癌、再発または遠隔転移を有する頭頸部癌、再発または遠隔転移を有する食道癌、血管肉腫、進行または再発の子宮頸癌、再発または難治性の胚細胞腫瘍(精巣腫瘍,卵巣腫瘍,性腺外腫瘍)の治療に用いられます。
通常、移植後(腎・肝・心・肺・膵・小腸・骨髄)の拒絶反応や移植片対宿主病(骨髄移植のみ)を抑えるために用いられます。

キーワード検索

 

 

 

 

更に絞り込む

製品名を索引から探す
製品名で検索