くすりのしおり

自己注射剤
2018年11月改訂

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。そのために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。
商品名:
ファイバ静注用500
 主成分:
乾燥人血液凝固因子抗体迂回活性複合体(Anti-Inhibitor Coagulant Complex)
 剤形:
注射剤
 シート記載:

この薬の作用と効果について

血液凝固第VIII因子または第IX因子に対するインヒビターを保有する人の血漿中に、複数の血液凝固因子を補うことにより、出血傾向を抑えます。
通常、血液凝固第VIII因子または第IX因子インヒビターを保有する人の出血傾向の抑制に用いられます。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。血液凝固因子インヒビターを有していない。播種性血管内凝固症候群(DIC)を生じている。心筋梗塞、急性血栓症・塞栓症がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量(この薬の使い方)

  • あなたの用法・用量は(医療担当者記入)
  • 通常、添付の溶剤で溶解し、1分間に体重1kg当たり2単位を超えないスピードでゆっくりと静脈内に注射または点滴注入します。出血時に使用する場合、通常、体重1kg当たり50〜100単位を8〜12時間間隔で使用します。なお、年齢・症状に応じて適宜増減されますが、原則として1日最大使用量は体重1kg当たり200単位を超えないようにしてください。定期的に使用する場合、通常、体重1kg当たり70〜100単位を1日おきに使用します。出血時に使用後、定期的な使用を開始する場合には、直近の使用から1日以上の間隔をおくことを目安としてください。
    いずれの場合も、必ず指示された使用方法に従ってください。
  • 溶かした薬に沈殿をみつけた場合には、使用しないでください。一度溶かした薬は1時間以内に使用してください。
  • 使用者(患者)が希望した場合には、本人が一定の基準を満たしていることを担当の医師が確認した後、自己投与(自己注射)を行うことができます。
  • 注射し忘れた場合は医師や薬剤師、看護師に相談してください。絶対に2回分を一度に注射してはいけません。
  • 誤って多く注射した場合は医師や薬剤師に相談してください。
  • 医師の指示なしに、自分の判断で注射するのを止めないでください。

生活上の注意

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、アレルギー反応、発熱、発疹、顔面紅潮、じんましん、かゆみなどが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 冷や汗、からだがだるい、めまい[ショック・アナフィラキシー]
  • めまい、頭痛、鼻血[播種性血管内凝固症候群]
  • 急激に胸を強く押さえつけられた感じ、片側のまひ、発熱[血栓塞栓症]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

  • 乳幼児、小児の手の届かないところで、凍結を避け、2〜8℃で保存してください。
  • 薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。
  • エミシズマブ(遺伝子組換え)を使用中および使用中止後6カ月間は、この薬は使わないでください。
  • この薬は、ヒトの血漿が原料となっています。血漿を原料とした製剤であることから、ウイルスを不活化するための加熱処理やウイルスを取り除く処理を行っていますが、血漿を原料としていることによるウイルス感染などの可能性を完全に否定することはできません。

医療担当者記入欄  

より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。また、「患者向医薬品ガイド」、医療専門家向けの「添付文書情報」が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されています。