くすりのしおり

注射剤
2016年5月改訂

薬には効果(ベネフィット)だけでなく副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。そのために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。
商品名:
フェノバール注射液100mg
 主成分:
フェノバルビタール(Phenobarbital)
 剤形:
注射剤
 シート記載:

この薬の作用と効果について

GABAA受容体のサブユニットに存在するバルビツール酸誘導体結合部位に結合することにより、抑制性伝達物質GABAの受容体親和性を高め、Cl-チャネル開口作用を増強して神経機能抑制作用を促進します。
通常、不安緊張状態の鎮静、てんかんのけいれん発作、自律神経発作、精神運動発作の治療に用いられます。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

  • 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。急性間欠性ポルフィリン症、虚弱者・呼吸機能が低下、頭部外傷後遺症または進行した動脈硬化症、心障害、肝障害、腎障害、アルコール中毒、薬物依存傾向または既往歴、神経症、甲状腺機能低下症がある。
  • 妊娠または授乳中
  • 他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量(この薬の使い方)

  • あなたの用法・用量は(医療担当者記入)
  • 通常、1日1〜2回、皮下または筋肉内に緩徐に注射します。
  • 具体的な使用期間については担当の医師にお聞きください。

生活上の注意

  • 眠気、注意力・集中力・反射運動能力などの低下がおこることがありますので、注射のあとは自動車の運転や危険を伴う機械の操作は避けてください。
  • アルコールは薬の作用を強めることがありますので、注意してください。
  • セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品をとると、本剤の作用を弱めることがありますので、避けてください。

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

副作用として、眠気、めまい、全身性の赤い発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
  • 熱が出る、目の充血、全身の皮膚が赤くはれて発疹や水疱ができる[中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、紅皮症(剥脱性皮膚炎)]
  • 発疹が出る、熱が出る、リンパ節がはれる[過敏症症候群]
  • 注射したところが死んだ状態になる[局所壊死]
  • のどが痛い、熱が出る、鼻血が出る、歯ぐきから出血する[顆粒球減少、血小板減少]
  • 全身がだるい、吐き気、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

医療担当者記入欄  

より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。また、医療専門家向けの「添付文書情報」が医薬品医療機器総合機構のホームページに掲載されています。

キーワード検索

 

 

 

 

更に絞り込む

製品名を索引から探す
製品名で検索

医薬品情報データサービス iyakuSearch

添付文書は(財)日本医薬情報センター(JAPIC)のデータベース「iyakuSerch」にリンクしています。