おくすりキャンパス(医療者のみなさま)

「患者と医療者のパートナーシップ~コンコーダンスのススメ~」

患者さんと話す時、不安やわからないことを汲み取れていますか?患者さんは十分納得した上で治療に取り組まれているでしょうか?

“コンコーダンス”とは『患者と医療者が同じチームの一員』と考える概念です。
患者と医療者がより良いコミュニケーションを築くために、どのように歩み寄ればいいのかを診療医の宮川政昭先生にお話いただきました。

監修
大東文化大学 スポーツ・健康科学部 教授 杉森 裕樹
「患者と医療者のパートナーシップ~コンコーダンスのススメ~」ダウンロードファイル MP4データ(21.3 MB) 動画
「患者と医療者のパートナーシップ~コンコーダンスのススメ~」ダウンロードファイル WMVデータ(27MB) 動画
         

患者さん・市民向け
「かかりつけ薬剤師の職能啓発活動(動画)」

日本薬剤師会と協業で動画を作成しました。

薬局等に訪れる来局者や患者さんが、知っているようで知らない薬に関する素朴な疑問にこたえる内容となっています。
また、動画を通して、かかりつけ薬剤師の機能と役割についてご理解いただき、かかりつけ薬剤師を活用していただくきっかけになれば幸いです。

患者さん・市民向け
「かかりつけ薬剤師の職能啓発活動(動画)」 ダウンロードファイル MP4データ(33.5 MB)
動画
患者さん・市民向け
「かかりつけ薬剤師の職能啓発活動(動画)」 ダウンロードファイル WMPデータ(9.8 MB)
動画
         

待合室用動画 「こんなことありませんか?」

患者さんは薬剤師に質問したいのに、忙しそうにしているので話しかけらず困っているかもしれません。
7つの「こんなこと」を例にとりあげ、薬剤師に気軽に質問して頂けるよう、待合室で流せる1分24秒の動画にまとめました。

待合室用動画 「こんなことありませんか?」 音声有 ダウンロードファイル MP4データ(53.5 MB) 動画
         

医薬品情報リンク集

医薬品医療機器情報提供ホームページ リンク
日本医薬情報センター リンク
日本ジェネリック製薬協会 リンク
日本OTC医薬品協会 リンク

コンコーダンスアプローチ

“コンコーダンス”とは『患者と医療者が同じチームの一員』と考える概念です。
患者と医療者がより良いコミュニケーションを築くために、どのように歩み寄ればいいのかを診療医の宮川先生にお話いただきました。

COML 医師にかかる10箇条 私たち一人ひとりが「いのちの主人公」、「からだの責任者」。そんな自覚を持った『賢い患者になりましょう』を合言葉に、患者さんが自立・成熟し、主体的に医療に参加することを支援しているサイトです。
動画『患者と医療者のパートナーシップ~コンコーダンスのススメ~』にでてくる『医師にかかる10箇条』はCOMLが提案したものです。
リンク
カウンセリング、コンコーダンス、コミュニケーション
-薬剤師のための革新的な教育方法-日本語版 2006年 国際薬剤師薬学連合・国際薬学生連盟訳2005.「コンコーダンス・アプローチ」において、薬剤師の役割は、患者が、自分自身の使うくすりに対する知識や態度をつくりあげる手助けをすることです。(同紙より引用p.7)
PDF

コミュニケーションツール

くすりの絵文字ピクトグラム 服薬説明時、患者さんに〔特にこれだけは守っていただきたい〕というような重要項目について、くすりの絵文字を活用することで、その説明をより印象づけることができます。薬を正しく用いる為の「医薬品ケアマーク」としてご活用ください。 リンク
「薬の疑問」にお答えします 一般の方から寄せられた薬についてよくある質問に回答例をつけた、Q&A方式のパワーポイントスライドがダウンロードできます。
薬の正しい使い方を知っていただく、またおくすり講座を開催する際などにご活用ください。
リンク
くすり教育担当者のための教材サイト 学校薬剤師の先生方へのお役立ちサイトです。小学校から高等学校まで、学校でのくすり教育で活用できるパワーポイントスライドや動画、貸出教材などの情報を掲載しています。 リンク