« 法人格取得後、2回目の定時総会を開催 | メイン

『2017 子どもとためす環境まつり』出展

 9月23日(土・祝)、くすり教育・啓発委員会は、中央区立有馬小学校で開催された『2017 子どもとためす環境まつり』にブース出展をしました。
 子どもとためす環境まつりは、毎年、中央区環境保全ネットワークが主催、中央区が共催しており、中央区内のさまざまな企業・団体がブース出展し、親子が環境について体験しながら学べるイベントです。
 「くすりの正しい飲み方の3つのルール」として「薬はコップ1杯の水かぬるま湯で飲む」ことを学んでもらうため、大型紙芝居『あいちゃん、くすりを正しく飲めたかな?』を実演、ご家庭の身近な会話を題材としたストーリーを通じて、透明カプセルを使った“ペタペタ実験”や“ジュース実験”などを体験してもらいました。
前日までの雨も朝には止み、ブースには110名ほどの人が立ち寄られました。
 
 今年で節目となる10回目の出展になりましたが、子ども達をはじめ、保護者も一緒に学ぶことで、薬を正しく飲むことの大切さをより理解していただけたと思います。この10年間の経験を次に活かせるよう、くすり教育・啓発委員会は国民の医薬品リテラシーの向上に貢献できるよう活動していきます。