« 2017年02月 | メイン

2017年03月22日

出前研修:鳥取県薬剤師会学校薬剤師部会 特別研修会

 くすり教育委員会は、3月12日に鳥取県薬剤師会 学校薬剤師部会 特別研修会において、39名の学校薬剤師等の参加のもとで出前研修を行いました。
会長の加藤先生が、岐阜で開催された「学校環境衛生・薬事衛生研究協議会」で当協議会のブースに立ち寄られたことが今回の研修会開催のきっかけです。
会長から地元の養護教諭部会に参加を募り、3名の養護教諭が参加されました。
講師は、くすり教育アドバイザー2名(佐藤実氏、永縄厚雄氏)が担当しました。
聴講の先生方は非常に熱心で、資材の使い方などについても注目が集まっていました。


0312永縄氏2.jpg

0312佐藤実氏2.jpg

2017年03月15日

出前研修:大阪府守口市薬剤師会 学校薬剤師部会

 くすり教育委員会は、3月11日に大阪府守口市薬剤師会 学校薬剤師部会において、18名の学校薬剤師等の参加のもとで出前研修を行いました。
会長の清田先生の個人的なネットワークで養護教諭も参加され、連携を意識した研修となりました。
 また、講師(東和薬品の木村真弓委員)が先方との事前打合せの機会を設定したため、現場の状況に沿った研修ができました。
講師2名が教師役(日本新薬の河原敏明氏)と学校薬剤師役に分かれた授業の一例では、参加者の皆さんが生徒役となり熱心に聴講されました。

0311河原さん2.jpg

0311木村さん2.jpg

2017年03月10日

くすり教育委員会、「学術フォーラム2016 次世代型セルフメディケーションを考える」にシンポジストを派遣!

 くすりの適正使用協議会は、認定NPO セルフメディケーション推進協議会の依頼により、3月5日(日)、神戸学院大学 ポートアイランドキャンパスで行われた「学術フォーラム2016 次世代型セルフメディケーションを考える」に、くすり教育委員会からシンポジストとして 安部恵委員を派遣しました。
 本学術フォーラムには、薬剤師を中心に70~80名が参加され活発なディスカッションが行われました。
 冒頭、日本薬剤師会副会長 乾英夫先生から「地域包括ケアにおけるセルフメディケーションの位置づけと将来展望」の教育講演があり、その後、ポスター発表、特別講演、そして、シンポジウム「セルフメディケーションのさらなる充実と普及に向けて」という構成で進行しました。
 セルフメディケーションの普及・定着への様々な課題が提起されましたが、当協議会からは、「子供たちへの‘くすり教育活動’におけるセルフメディケーションの醸成」というテーマで講演。シンポジウム最後のしめくくりでも、一般社会における「くすり教育」啓発の重要性が確認されるなど、一石を投じる講演ができたと感じられました。

0305安部さん.jpeg