« 女性向けRAD-AR(レーダー)カード「妊娠・授乳中とくすり」リニューアル・公開 | メイン | 妊産婦さんのくすりの適正使用を考えるセミナーを一般と報道関係者向けに開催 »

第61回関東中学校保健体育研究協議会群馬大会に、初のブース出展

 くすり教育委員会は、10月21日に群馬県高崎市で開催された、第61回関東中学校保健体育研究協議会群馬大会に、初めてくすり教育のブース出展を実施しました。
 同学会には関東近県の中学校の保健体育教諭約400名が参加され、午前中の表彰式や特別講演に続き、午後は8つの分科会が開催され、体育理論や指導法の工夫、部活動等についての研究報告が行われました。
 当協議会は人通りの多い場所にブースを出展でき、小中学生向けのパワーポイント教材を盛り込んだCD-ROMや、出前研修の資料を約200名の方に提供しました。手にして下さる教諭の多さから、くすり教育への関心の高さを感じた一方、ブース来訪者の声からは、なかなかそこに力を注げないジレンマも感じ取れました。また、「くすり教育」を「薬物乱用防止教育」と思っている方も多く、改めて啓発の必要性を感じた学会となりました。

CIMG3977 (300x225).jpg