« 第1回定時総会を開催、新役員を選任 | メイン | 日本包装技術協会でくすり教育について講演 »

第19回日本医薬品情報学会 学術大会のシンポジウムで講演

 2016年6月4日に第19回日本医薬品情報学会が開催され、シンポジウム2において「ベネフィット・リスクコミュニケーションの基礎と実践」と題し、BR委員会副委員長の松田 真一氏が講演しました。

 シンポジウム2「リスク最小化に向けた患者への医薬品情報」では、座長の山本 美智子氏(昭和薬科大学教授)のイントロダクションに続いて、山本 剛氏(厚生労働省 安全対策課)、杉森 裕樹氏(大東文化大学教授)、保田 明夫氏(富士通FIP)、松田 真一氏(くすりの適正使用協議会)、浅田 和広氏(大原薬品工業)、佐藤 嗣道氏(東京理科大学教授)の各氏による講演とディスカッションが行われました。

 シンポジウムでは、患者さん向け医薬品情報としてPMDAから発信されている「患者向医薬品ガイド」の現状と課題が、中心テーマとして取り上げられました。「患者向医薬品ガイド」は、患者さんやその家族が能動的に利用できる質の高い情報源ですが、情報の質の更なる向上と認知度向上が求められていることが示されました。

 松田副委員長からは、海外情報分科会がまとめた、リスクコミュニケーション(以下、リスコミ)を行う上で重要な4要素を紹介しました。そして適切なリスコミが達成されるためには、科学的解釈に立脚した情報を、患者さんだけではなくマスメディアを含む国民全体に理解し得る形で広く伝達することが重要であると強調しました。

・BR委員会:ベネフィット・リスクマネジメント/リスクコミュニケーション啓発委員会
・PMDA:独立行政法人医薬品医療機器総合機構

20160604_JASDI2016 RiskCom RADAR_v0.9.jpg