« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月19日

高齢者向け「RAD-AR(レーダー)カード」リニューアル・公開

 くすり教育委員会では、国民が正しく薬を使用出来るようにとの趣旨で作成されたRAD-AR(レーダー)カードシリーズのリニューアルを行っています。その成果として、今回、小冊子『高齢者の方と介護なさる方へ 「くすり」を正しく使用していただくために』が完成しました。

 従来のカードサイズから読みやすい小冊子サイズに改め、文字も大きくして多彩なイラストを配し、常に手元に置いて活用頂けるよう、紐を通す穴や連絡メモを設けるなど形状を工夫しました。

 内容は、薬の飲み方や飲み忘れを防ぐ方法などの紹介に加え、残薬・多剤併用など昨今の課題も踏まえ、在宅医療に取り組まれている千葉市薬剤師会 雜賀 匡史先生提唱の「高齢者の服薬3か条」「介護者の服薬3か条」も掲載しました。

 薬を取り巻く様々な社会の変化を捉えることにより、高齢者や介護者の方が今まで以上に薬を正しく使用するのに役立ち、薬剤師の方にとっては、かかりつけ薬剤師が果たす役割を患者さんに伝える際に役立つ資材になっています。

 この小冊子を、多くの方にご活用頂ければ幸いです。

レーダーカード表紙.jpg

【配布方法】
PDFダウンロード

・冊子郵送 【送料は申込者負担、本体300部未満無料】
冊子申込書用FAX用紙のダウンロード
刊行物・資材ページ

【規格】
 A5版、16ページ、カラー

2016年04月07日

くすりのしおり検索サイト、スマートフォンに対応

 総務省の「平成27年版 情報通信白書」によると、平成26年末のスマートフォンの普及率は64.2%、タブレット端末は26.3%でした。
 平成22年度はスマートフォンが9.7%、タブレット端末が7.2%でしたので、急速に普及が進んでいると言えます。

 2015年度の「くすりのしおり検索サイト」の年間アクセス数を集計したところ、約1,460万PVで、そのうちスマートフォン・タブレットの利用者は58%でした。
 また、今後普及が予想される電子お薬手帳のいくつかのアプリに「くすりのしおり(R)」が採用され、「くすりのしおり(R)」が検索出来るようになっています。
 そのような状況から2016年3月に「くすりのしおり検索サイト」のスマートフォン対応を行いました。
 日本語版、英語版サイト共に、より多くの方に使って頂き、くすりの適正使用に貢献できるよう努めてまいります。

siori_gamen.png

2016年04月01日

協議会に株式会社ズーが入会

【新規会員について】
 2016年3月10日付で理事会の承認がなされ、同4月1日より、株式会社ズーが「賛助会員」として入会いたしました。
 これにより協議会の会員は、製薬企業会員23社、賛助会員2社、個人会員4名となりました。
 協議会会員一覧はこちらからご覧ください。