« 出前研修:田園調布学園中等部高等部・第七支部養護部会 | メイン | 第36回日本臨床薬理学会学術総会でワークショップを共催 »

出前研修:千葉県高等学校教育研究会養護部会

 くすり教育委員会は、12月16日、千葉県市川市工業高等学校にて、千葉県高等学校教育研究会養護部会のメンバーである、高校の養護教諭27名を対象とした出前研修を行いました。
 今回の授業の一例では、冒頭に○×札で参加者の考えを確認しながら薬の正しい飲み方の実験や薬の血中濃度の模型で中学の学習内容を簡単に復習しました。続いて高校の学習内容、例えば、高校では「医薬品の承認制度」が学習内容に含まれるため、薬の元となる物質の発見から、厚生労働省の承認を経て市販後の調査に至るまでの6段階カードをグループで相談して順番に並べてもらい、次に動画で確認してもらうなど、普段の小中学校向けの内容とは違う内容で組み立てました。
 研修後のアンケートからは、視覚的な実験や教材ですぐ実践できそう、生徒の関心をひきそうという意見が多数みられた一方で、保健室を離れるのが難しいので、授業以外の形で活かしたいなどのコメントも見られました。どのような形であれ、くすり教育が各学校に合う形で浸透することを願っています。

PC160020 (225x300).jpg