« 『2015 子どもとためす環境まつり』出展 | メイン | 平成27年度学校環境衛生・薬事衛生研究協議会で、くすり教育のブース出展を実施 »

関東地区高等学校保健体育研究大会で、くすり教育のブース出展を実施

 くすり教育委員会は、11月26日・27日に栃木県で開催された、関東地区高等学校保健体育研究大会に、くすり教育のブース出展を実施しました。この大会は、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、群馬、山梨、神奈川の各県より、高校勤務の保健体育教諭が集まり、保健学習や体育学習の効果的な指導について研究発表するものです。今大会には約230名の先生方が参加しました。なお、同大会への協議会のブース出展は初となります。
 ブースに来訪した約100名の先生方には、くすり教育の教材を配布したり、模型を紹介しました。来訪した先生の多くは、この9~11月に医薬品の授業を行っており、教科書をベースとしながらも、もっと子ども達に興味を持たせるような実験や教材を探していた先生が多く、提供したDVDやPPTなどの高校用教材は喜ばれました。
 さらに、今回はブースで薬の正しい使い方の実験を実演したところ非常に盛況で、早速取り入れたいという先生も多くみられました。

DSC04699 (300x215).jpg