« 出前研修:埼玉県西部学校保健会 保健主事・養護教諭 合同研究協議会 | メイン | 関東地区高等学校保健体育研究大会で、くすり教育のブース出展を実施 »

『2015 子どもとためす環境まつり』出展

 10月31日(土)、くすり教育委員会は、中央区環境保全ネットワーク主催・中央区共催の『2015子どもとためす環境まつり』にブース出展しました。
 環境に関する様々な事を、子どもも大人も楽しく学べるよう、毎年中央区内の企業や団体が趣向を凝らした催しをしていますが、今年の協議会ブースには140名にのぼる子どもや保護者が来場し、人の波が途切れない賑やかなブースになりました。
 「くすりの正しい飲み方の3つのルール」を伝える紙芝居では、身近な家族のストーリーの中に、ぺたぺた実験などの体験と解説を盛り込んでいて、子どもたちの歓喜の声に混ざり保護者たちの驚きの声もいくつも聞こえてきました。
 正しいお薬の飲み方を○×の札を上げて答えるクイズでは、子どもたちから鋭い質問が飛び交う一コマもありました。
 また、模擬薬局でお薬を渡す白衣姿の子どもたちは、立派な薬剤師さんぶりを見せてくれました。
 今年で8回目の出展になりますが、協議会のブース体験を通し、多くの子どもと保護者に、薬を正しく飲むことの大切さが伝わったのではないかと思います。