« 『2014 子どもとためす環境まつり』に出展 | メイン | 出前研修 杉並区立東田中学校にて、くすりの授業を実施 »

『第47回日本薬剤師会学術大会』でポスター発表およびブース出展を実施

 「くすりのしおり®」は、医師から処方される医療用医薬品について、薬剤師が患者さんに説明する際に使用する説明書で、患者さん・ご家族の視点に立ち、分かり易い表現で記載されています。この「くすりのしおり®」を使った、患者さんと薬剤師とのコミュニケーションの一例として、動画『一緒に話してみませんか?あなたと薬のこと』をホームページ上 で公開しています
 今回、くすりのしおりコンコーダンス委員会では、この動画を視聴した薬剤師518名を対象としたアンケート調査結果『患者と薬剤師のコミュニケーションを啓発する動画の有用性及びくすりのしおり®の現況に関する検討』を、第47回日本薬剤師会学術大会[於:山形(10/12-13)]において発表しました。また、同時にブースを出展し、動画の紹介や『英語版くすりのしおり』の周知活動も行いました。
 アンケート結果によると、動画を閲覧後、「今よりもっと患者とのコミュニケーションを取りたいと思った」が86%、くすりのしおりが「患者とコミュニケーションツールとして活用できると思う」が32%、「やや思う」は52%、動画に対しは概ね高い評価となりました。
 くすりのしおりコンコーダンス委員会では、患者さんと医療者の間でよりよいコミュニケーションが円滑に行われることで最善の治療を行えるよう、また、これまで以上に患者さん自身が薬を正しく理解し用いることで健康保持とQOLの向上に寄与できるよう、今後も活動を進めていきたいと考えています。

発表したポスターはこちら
2014FIX_日薬ポスター_140930 (183x300).jpg