« 出前研修 秋田県薬剤師会 学校薬剤師部会 | メイン | レベルアップした高等学校「くすり教育」の授業を、「薬と健康の週間」(10/17~23)にあわせてメディアに公開~平成26年度第1回メディア勉強会~ »

平成26年度学校環境衛生・薬事衛生研究協議会で、医薬品教育のブースを出展

 くすり教育委員会は、10月2日~3日にかけて岡山市で行われた、学校環境衛生・薬事衛生研究協議会で、医薬品の教育に関するブース出展を行いました。
 同学会は、学校環境衛生及び薬事衛生について研究協議を行い、学校における保健管理及び保健教育の充実を図ることを目的としています。今回は、学校薬剤師、養護教諭、保健体育教諭、教育委員会の担当者など約460名が参加しました。
 同学会へのブース出展は、協議会としては数年ぶりでしたが、最近参加していた学会と比べると、医薬品の教育に強い関心を持つ参加者が多く、久しぶりに強い手応えを感じたブース出展となりました。
 準備してきた資料セット150部は初日の昼までに殆ど配り終えてしまい、200部持参した高校生用のDVD「医薬品とは」についても2日間でほぼなくなるなど、医薬品教育を既に実践していたり、強い関心を持つ学校薬剤師、養護教諭、保健体育教諭の先生方が多数来訪しました。
 また、第2分科会「医薬品教育部会」では、協議会に出前研修を依頼されたことがある、医薬品教育の実践者による講演が行われ、聴講者も多く、さまざまな質問が飛び、活気のある分科会でした。

PA020003 (300x225).jpg