« 台東区立忍岡小学校 学校保健委員会で、保護者を対象とした「おくすり教室」を実施 | メイン | サノフィ株式会社が8月8日付けで入会 »

薬剤疫学入門セミナーを開催

 ベネフィット・リスクマネジメント/リスクコミュニケーション啓発委員会は、薬剤疫学の基本的な研究デザインについて学んでいただくことを目的に、製薬企業で薬剤疫学を初めて勉強される方や、今後医薬品リスク管理計画に携わる方を対象としたセミナーを、本年も大阪(7/3)・東京(7/17)の2カ所で開催しました。
 大阪会場で37名、東京会場で126名、合計163名が熱心に聴講しました。東京会場の参加者は本セミナーを開始して以来、過去最多となりました。
 
◆セミナー参加者
            会員社 非会員社 合 計 
大阪会場(7/ 3)  23名  14名   37名
東京会場(7/17)  50名  76名  126名

◆参考:プログラム概要◆
医薬品リスクマネジメント、疫学、薬剤疫学/症例報告/症例集積研究、
コホート研究、ケース・コントロール研究、ネステッド・ケース・コントロール研究

~特別講演~
「製造販売後観察データの医薬品安全管理および適正使用情報への活用」
名城大学薬学部医薬品情報学  教授 後藤 伸之 先生

◇大阪会場
2014年7月3日(木) (メルパルク大阪)
大阪セミナー (300x206).jpg

◇東京会場
2014年7月17日(木) (野村コンファレンスプラザ日本橋)
東京セミナー (300x233).jpg