« 協議会に東和薬品株式会社が入会 | メイン | 埼玉県さいたま市立大谷小学校のPTAを対象とした出前研修を実施 »

第48回全国高等学校体育連盟研究大会でブース出展実施

 くすり教育委員会は今年度も昨年と同様、第48回全国高等学校体育連盟研究大会に、ブース出展を行いました。今年は岐阜の長良川国際会議場で2014年1月16日~17日に開催され、約700名の保健体育教諭、スポーツ指導者などが参加しました。
 高校の新学習指導要領は昨年度より施行された、レベルアップした内容の医薬品の学習は、2014年度の1学期~2学期に、高校2年生で初めて行われます。授業が間近に迫った今回の大会では、製薬3団体(日本製薬工業協会、日本OTC医薬品協会、くすりの適正使用協議会)が作成し、高等学校学習指導要領に準拠した高校生用「医薬品教育」DVDを約100名の先生にご提供しました。
同時に先生方の医薬品教育についての意識を確認したところ、「医薬品の内容が改訂されたことは知っているが具体的な内容までは確認していない」、今後新たな内容で授業を行うにあたり、「やや不安である」、などの現在の状況が分かりました。
ほか、昨年の同大会で受け取った先生もおられ、既にDVDを使用した授業を行ったとの声も寄せられました。
CIMG2759 (300x225).jpg