« 2013年06月 | メイン | 2013年08月 »

2013年07月29日

RAD-ARシンポジウムを開催しました

 くすりの適正使用協議会は、新体制での初めての試みとして「RAD-ARシンポジウム」を7月9日(火)に開催し約130名の参加をいただきました。
 このシンポジウムの目的の1つが、当協議会の中期活動計画の進捗・実績を多くの皆さんに認知・理解していただくことです。これに対しては理事長の黒川から報告いたしました。
もう1つの目的は、くすりの適正使用における新情報の提供です。今回は、前・厚生労働省大臣官房審議官の平山佳伸氏に「薬事法改正(案)とくすりの適正使用」のテーマでご講演をいただきました。
薬事法改正(案)の主な改正事項は、以下の如くで薬事法という法律名も含めた大幅な改正になる見込みで、この秋の国会において審議されるようです。

主な改正事項:
①医薬品、医療機器等に係る安全対策の強化
②医療機器の特性を踏まえた規則の構築
③再生医療等製品の特性を踏まえた規則の構築

尚、本シンポジウムの記事は、8月中旬発行予定のRAD-AR News Vol.24,No.2でご紹介いたしますので、是非お読み下さい。
rad-arシンポ写真.jpg

まさに旬!医薬品リスク管理計画に役立つ薬剤疫学入門セミナー開催

 くすりの適正使用協議会は、医薬品リスク管理計画に携わる方や、薬剤疫学に興味があり今回初めて勉強される方などを対象に、薬剤疫学の基本的な研究デザインについて学んでいただくための薬剤疫学入門セミナーを7月4日大阪会場、7月11日東京会場で開催しました。
両開催日とも、猛暑にもかかわらず、製薬企業や医療関係者合計150人余りが参加し、熱心に薬剤疫学の入門編を勉強しました。
セミナーの主な内容は、今話題の医薬品リスクマネジメントにはじまり、疫学でいう発生割合と発生率の相違、相対リスク、オッズ比、バイアス、交絡等の用語の解説。続いて、薬剤疫学の研究デザインである症例報告、症例集積検討、コホート研究、ケース・コントロール研究、ネステッド・ケース・コントロール研究について事例を示しながら解説が行われました。
なお、各セッションの講師は、くすりの適正使用協議会の審査を経て認定された会員企業の社員が担当されました。
最後に、名城大学 医薬品情報学 教授の後藤伸之先生による「医薬品安全管理と適正使用情報への製造販売後観察データの活用」と題しての特別講演でセミナーの幕を閉じました。
PEセミナー大阪2013.jpg