« 動画公開!『一緒に話してみませんか?あなたと薬のこと』 | メイン | 養護教諭を対象とした出前研修(千葉県印西市) »

第47回全国高等学校体育連盟研究大会に初出展

 くすりの適正使用協議会は、全国の高等学校保健体育教諭が集まる第47回全国高等学校体育連盟研究大会に、初めてのブース出展を行いました。くすり教育の普及活動の一環として参加したものです。

 同大会は公益社団法人全国高等学校体育連盟と栃木県教育委員会が主催し、主に体育や部活動の研究発表が行われる大会で、今年は栃木県宇都宮市で開催され、高等学校保健体育教諭や運動部関係の先生約500名が参加されました。
 ブースにて、昨年11月に日本製薬工業協会、日本OTC医薬品協会と共に開発・公開した、高等学校学習指導要領に準拠した高校生用「医薬品教育」DVDを展示したところ、約150名の先生からご要望頂き提供しました。またその際に、先生の医薬品教育についての意識を確認したところ、「医薬品の内容が改訂されたことは知っているが具体的な内容までは確認していない」、今後新たな内容で授業を行うにあたり、「やや不安である」、などの現在の状況が分かりました。
 高校生用「医薬品教育」DVDは公益社団法人日本薬剤師会、並びに各学校の学校薬剤師を通じて、全国の高等学校に配布される予定であり、保健体育の先生がこの教材を活用されることを期待しています。
「医薬品とは」盤面small.jpg
高校生用「医薬品教育」DVDの詳細、入手については以下をご覧下さい。
http://www.rad-are.com/textbook/highschool/