« 2012年12月 | メイン | 2013年02月 »

2013年01月30日

第47回全国高等学校体育連盟研究大会に初出展

 くすりの適正使用協議会は、全国の高等学校保健体育教諭が集まる第47回全国高等学校体育連盟研究大会に、初めてのブース出展を行いました。くすり教育の普及活動の一環として参加したものです。

 同大会は公益社団法人全国高等学校体育連盟と栃木県教育委員会が主催し、主に体育や部活動の研究発表が行われる大会で、今年は栃木県宇都宮市で開催され、高等学校保健体育教諭や運動部関係の先生約500名が参加されました。
 ブースにて、昨年11月に日本製薬工業協会、日本OTC医薬品協会と共に開発・公開した、高等学校学習指導要領に準拠した高校生用「医薬品教育」DVDを展示したところ、約150名の先生からご要望頂き提供しました。またその際に、先生の医薬品教育についての意識を確認したところ、「医薬品の内容が改訂されたことは知っているが具体的な内容までは確認していない」、今後新たな内容で授業を行うにあたり、「やや不安である」、などの現在の状況が分かりました。
 高校生用「医薬品教育」DVDは公益社団法人日本薬剤師会、並びに各学校の学校薬剤師を通じて、全国の高等学校に配布される予定であり、保健体育の先生がこの教材を活用されることを期待しています。
「医薬品とは」盤面small.jpg
高校生用「医薬品教育」DVDの詳細、入手については以下をご覧下さい。
http://www.rad-are.com/textbook/highschool/

動画公開!『一緒に話してみませんか?あなたと薬のこと』

 くすりの適正使用協議会は、患者さんと医療者がパートナーシップを構築し、コミュニケーションを取りながら治療や薬を決め、ひいては薬を正しく理解し用いることを通じて、健康保持とQOL(生活の質)の向上を推奨しています。

この度、「くすりのしおり®」を活用した薬剤師と患者さんのコミュニケーション促進を目的とした動画『一緒に話してみませんか?あなたと薬のこと』を当協議会ホームページで本日公開いたしました。

動画は、長期にわたって服用されることが多い脳梗塞を例にとり、Part1:初めて飲む薬を処方された時、Part2:治療を続けるために~一年後~、と異なる場面での患者さんと薬剤師のやり取りを収録しております。
また、おくすりキャンパスでは、患者さんと医師や薬剤師などの"医療者"とのコミュニケーションのあり方について、診療医の先生にご自身のお考えも含めお話いただいております。是非ご覧ください!

≪Part1:初めて飲む薬を処方された時≫
movie01.jpg
≪Part2:治療を続けるために~一年後~≫
movie02.jpg
≪おくすりキャンパス:患者と医療者のパートナーシップ≫
movie03.jpg

◆動画の視聴はこちらからもご覧いただけます
http://www.rad-ar.or.jp/siori/howto/movie1.html


2013年01月22日

RAD-AR News Vol.23-No.4 発刊のお知らせ

機関誌「RAD-AR News(レーダーニュース)」の< Vol.23-No.4 >を平成25年1月21日に発行しましたので、その概要をご案内します。是非ご覧ください。

≪コンテンツ≫
■黒川理事長が会員企業トップに聞く!

『患者さん、医師、製薬企業のトライアングルでより良い医療を実現しよう!』
塩野義製薬株式会社 代表取締役社長 手代木 功氏 + 黒川理事長
会員企業の経営者と黒川理事長の対談企画。
第三回目は、塩野義製薬株式会社社長 手代木 功氏です。
対談記事はこちらから

■紹介コーナー
・くすりの適正使用協議会の認定講師制度

■TOPICS
・製薬3団体で高等学校・新学習指導要領に準拠した
「医薬品教育用DVD教材」を制作・配布
・学会報告 国際薬剤疫学会/2012年8月23日~28日
・2012年度 第2回メディア勉強会を開催
・英語版くすりのしおり 第45回 日本薬剤師会学術大会 ポスター発表
・2012年 中央区『子どもとためす環境まつり』

■薬剤師さんに聞く! 私の「くすりのしおり」活用法
大きくなる薬剤師の役割と責任 だからこそ、やりがいがある
帝京平成大学薬学部 准教授 博士(薬学) 井手口 直子先生

■予告
動画 『一緒に話してみませんか? あなたと薬のこと』近日Web公開予定 !

■解説
「くすりのしおり®」って何 ?

レーダーニュース・電子ブックはこちら
23_4.jpg