« 第45回日本薬剤師会学術大会 ポスター発表 | メイン | 会員拡大に向けて »

『2012年子どもとためす環境まつり』 出展報告

 2012年10月20日、中央区立日本橋小学校で、中央区環境保全ネットワーク主催による『2012年子どもとためす環境まつり』が開催されました。
中央区の次世代を担う子どもたちに環境について楽しく体験学習できる場を提供することを目的としたこのイベント、年々趣旨に賛同する団体・企業等が増え、9回目となる今年は29の体験学習ブースが用意されました。
 くすりの適正使用協議会は、ここ東京中央区に本拠地をおく一団体として、このイベントに5年間継続出展しています。今年も「くすりを正しく用いる」ことをテーマに、日本OTC医薬品協会の協力も得て、「薬の紙芝居」、「おくすりクイズ」、「薬剤師って何?」の3つの企画を行いました。100名以上の子ども達、保護者や地域の皆さんに、くすりについて学んでもらいました。
特に、〇×クイズ形式に変更した「おくすりクイズ」が大好評でした。
R0016385 (200x150).jpg
また、「薬剤師って何?」では、薬局に模したコーナーを作り、日本OTC医薬品協会提供の一般用医薬品(OTC薬)の大型の箱も展示し、臨場感たっぷりの中、将来医療に携わりたい小学生たちが白衣を着て、薬局での薬剤師の仕事を真剣に体験しました。
R0016427 (200x150)薬剤師って何?.jpg
 毎年多くの方々に参加して頂き、参加下さった子ども達や皆さんの反応で、こちらが成長させてもらっていると、強く感じた今回の出展でした。