« くすり教育出前研修 7月末~8月まで6件実施 | メイン | 第30回理事会報告 »

日本体育学会でも医薬品の授業についての発表が!

 くすり教育の教材や資料を保健体育教諭の方々に知って頂くため、日本体育学会第63回大会にブース出展しました。8月22日から24日に行われた本学会には、会場である東海大学に、全国より約1,500名の大学関係者、研究者、保健体育教諭及び大学生が参加し、15の専門領域に分かれて発表が行われました。
 体育に特化した大会ではありますが、「保健」分野では、神戸大学大学院・神戸大学の保健体育教諭より、中学校保健学習「医薬品の正しい使用」に関する口頭発表が行われるなど、中学校学習指導要領の先行実施例が紹介されました。
なお、口頭発表された先生によれば、2年前に協議会が他の学会でブース出展した際に、くすり教育の教材を見たことがきっかけとなり、授業の実施に繋がったとのことでした。詳しい内容はRAD-AR News次号(23-3:10月発行)に掲載を予定していますのでご期待ください!
当協議会としては、初めてのブース出展でしたが、250名の先生方に資料をお渡しすることができ、今後の活用に少しでも繋がればと考えています。
R0016006.jpg