« 2012年03月 | メイン | 2012年05月 »

2012年04月27日

【一般向けの講演会で役に立つ】『おくすり相談会』資料が完成!

 「医薬品の本質を理解し、医薬品を正しく使っていただきたい」 
これまで当協議会は、自治体とその地域の薬剤師会をサポートする形で一般向けの「おくすり相談会」を行ってきました。
このたび、これまで開催してきた数々の相談会で、一般の方から寄せられたよくある質問を纏め、パワーポイントスライドを作成しました。[監修/東京薬科大学薬学部 薬学博士 加藤哲太教授]

スライドは、
Q:「飲んだ薬は体の中でどのように運ばれていくのですか?」
Q:「薬を飲み忘れた時はどうしたらいいですか?」
Q:「温・冷湿布の使い分けについて、どんな時どちらを使うか教えてください」
など全16あり、各スライドのノート部分には回答例をつけております。
なお、回答は薬剤師等の医療関係者から一般の方へお伝えいただくことを想定し、基本的な回答例として記載しております。
その他、体内動態や血中濃度のスライドはアニメーション機能をつけ、動くことで説明がしやすく、聴講される方にとってもより理解していただけるよう工夫しました。
是非、医薬品の適正使用に関する場面でご活用ください。

◆資料のイメージ(PDF縮小版)
資料のイメージはこちらから
◆資料ダウンロード 
スライド資料:『くすりの疑問にお答えします』

【スライド使用に関する注意】
・スライドは改変不可です。
・回答はあくまで基本的な回答例として記載しております。
・資料の使用についてのお問い合わせはこちらから

2012年04月17日

RAD-AR News Vol.23-No.1 発刊のお知らせ

機関誌「RAD-AR News(レーダーニュース)」の< Vol.23-No.1 >を平成24年4月18日に発行しましたので、その概要をご案内します。是非ご覧ください。

 ・理事長挨拶
 ・副理事長挨拶
 ・中期活動計画12-16 ~RAD-AR活動の実現に向けて~
 ・平成24年度事業計画と運営方針および予算の概要
 ・「くすり教育」の現場をメディアが取材 -第3回メディア勉強会開催-
 ・子どもの薬の使用実態 -調査データ公開-
 ・くすりの適正使用協議会に期待すること
   ~RAD-AR活動のあり方に関する検討会~
    全国薬害被害者団体連絡協議会 副代表 勝村久司氏
 ・患者が必要とするくすりの情報を如何に伝えるか 
   -くすりのしおりを活用したクラウド健康管理サービス-
     有限会社サンハロン 広井嘉栄氏
 ・診療情報データベースに対する診療医の意識調査
 ・第3回「くすりの川柳コンテスト」入賞作品発表!
 ・掲載紙(誌)Web(平成23年度一覧)
 ・イベントカレンダー/編集後記  

なお、次号は2012年8月に発行予定です。
レーダーニュース・電子ブックはこちら
RAD-ARnews98web用.jpg