« 2012年01月 | メイン | 2012年03月 »

2012年02月09日

「第3回 くすり川柳コンテスト」入賞作品決定!

【子供部門】
最優秀賞「兄ちゃんの 薬を私に 飲ませるな」
優秀賞  「兄弟でも わけあいっこは しちゃだめよ」

【一般部門】
最優秀賞「飲めば効く いえいえ正しく 飲めば効く」
優秀賞  「けちじゃない 自分の薬は 自分の分」  
 

 くすりの適正使用協議会は、薬を正しく使うことの大切さの普及・啓発を目的とし、「第3回 くすり川柳コンテスト」を実施しました。
 全国の小学生以上の方々を対象に「薬の正しい使い方」をテーマに募集したところ、5,406句(子供部門:155句/一般部門:5,251句)の作品が寄せられました。第1次、最終選考を経て、入賞作品10句が選定されました。(募集期間 2011年10月17日~11月30日)

 身近な携帯電話やスマートフォン機能を活用した服用管理、旅行や災害時における薬手帳の携帯、子供や孫が服用時間を管理する様子、自己判断で他人の薬を分け合わないなど、日常生活における様々な視点から薬の適正使用を詠った川柳が寄せられました。

 特別審査員として、各部門の最優秀賞及び優秀賞を選定したコピーライターの仲畑貴志氏は、応募作品の傾向について次のように述べています。
『テーマは「薬の正しい使い方」。寄せられた句を見ると、周知度は比較的高いと思われます。とくに子供たちの表現を見ると、よく理解していることに驚かされました。もっとも、句を作るために、今回学んだ効果であるとも言えますから、「薬の適正使用」の促進は、一方的に情報を流すだけではなく、受け手がその情報を活用(表現)することで、より深い浸透につながると思われます。』 

 くすりの適正使用協議会では、「くすり川柳」に詠われた、日常生活における人々の薬との接し方や想いを参考にしながら、今後も様々な形で、「薬の正しい使い方」の啓発活動を行ってまいります。

★★★入賞作品★★★
【子供部門】
最優賞: 「兄ちゃんの 薬を私に 飲ませるな」 平田 千紘さん(9歳)
特別審査員講評 
大人の句だと「家族でも」となるところです。何かにつけて先を行く、おにいちゃんへの意識が潜んでいるところが可愛いい作品です。

優秀賞: 「兄弟でも わけあいっこは しちゃだめよ」 橋本 真菜さん(6歳)
特別審査員講評 
なんでも分け合って暮らす、良き生活感が出ています。いつもは仲良しで、わかちあう兄弟でも薬だけはいけませんね。

佳作賞:  「夜はこれ ぼくはじいじの くすり番」 大熊 蒼平さん(8歳)
       「飲むときは ジュースで飲まず お水でね」 西林 遥奈さん(14歳)
       「飲み忘れ 昼にまとめちゃ ダメですよ」 須藤 ゆりのさん(10歳)

【一般部門】
最優秀賞: 「飲めば効く いえいえ正しく 飲めば効く」 荒井 達也さん(41歳)
特別審査員講評 
「飲めば効く」という言葉を「いえいえ正しく」でつないだシンプルな構成が秀逸。「飲めば効く」という思い込みに警鐘を鳴らす句意にふさわしい姿です。

優秀賞: 「けちじゃない 自分の薬は 自分の分」 谷川 ミヤ子さん(73歳)
特別審査員講評 
「いいじゃない、一つぐらい、」と言われても、薬はあげないのがその人のため。「けち」というひと言が句の強度をうまく上げています。

佳作賞: 「家族でも 分かちあえない 処方薬」 水上 美智子さん(58歳)
       「薬には もったいないは 禁止です」 三宅 麻由さん(23歳)
       「善意でも ダメよ薬の おすそ分け」 梅山 すみ江さん(54歳)

ニュースリリースはこちら