« RAD-AR News Vol.21-No.4の発行のお知らせ | メイン | RAD-AR News Vol.22-No.1の発行のお知らせ »

「第2回 くすり川柳コンテスト」入賞作品決定!

【子供部門】
最優秀賞  「一つぶが 大きく見えた あのころは」
優秀賞  「薬ギライ なおすクスリは ないかしら」

【一般部門】
最優秀賞 「薬箱 拡大鏡が 巾きかせ」
  
 くすりの適正使用協議会は、薬を正しく使うことの大切さの普及・啓発を推進することを目的とし、「第2回 くすり川柳コンテスト」を実施しました。

 全国の小学生以上の方々を対象に募集したところ、昨年の2,425句を大幅に上回る9,743句の作品が寄せられました。その後、第1次・第2次選考を経て、入賞作品20句が選定されました。(募集期間 2010年10月5日~12月15日)

 高齢とともに増える薬の種類、外出時の薬の携帯や飲み忘れをしていないかを確認し合う家族間のコミュニケーション、苦い薬を子供に飲ませる母親の工夫、闘病の中で命をつなぐ薬への感謝・希望など、今年も日常生活における薬との関わりを様々な視点から詠った感性豊かな川柳が集まりました。特別審査員として、各部門の最優秀賞及び優秀賞を選定したコピーライターの仲畑貴志氏は、今年の応募作品の傾向について、次のように述べています。
 「自分を振り返ってみても思いあたるように、薬というと、子供の頃には嫌なもの。しかし、子供は必要であることをちゃんとわかっています。子供部門では、薬とうまく付き合おうと努力している発想の句が多く見られました。一般部門では、ますます進む高齢化という現実から書かれた句が目立っていました。」

 なお、今回の入賞作品はホームページ
http://www.rad-ar.or.jp/02/07_event/senryu/)でもご覧いただくことができます。

 くすりの適正使用協議会では、多くの皆様からご応募いただいた「くすり川柳」を通して、日常生活における人々の薬との接し方や、その時々の想いがどのようなものであるかを知り、今後も参考にしながら、様々な形で、薬の正しい使い方の普及・啓発を推進してまいります。

【子供部門】
◆最優秀賞: 「一つぶが 大きく見えた あのころは」 
          東京都 宮坂 夏実さん(15歳)
審査員 仲畑貴志氏 講評
飲むのに苦労した、そのぶんだけ、一つぶが大きく見えた。それも、“あのころは”と、今ではもう過去のこと。薬と自分との関係だけでなく、成長も表現されている秀逸句です。

◆優秀賞: 「薬ギライ なおすクスリは ないかしら」
         新潟県 田中 蘭さん(10歳)
審査員 仲畑貴志氏 講評
本来、体の不調を直してくれる薬。でも“薬ギライ”の彼女は、それを治してくれる薬があったらいいなと考えた、その発想の連鎖が良いと思いました。

◆佳作賞:
「よかったね 薬がきいて 笑顔でる」 兵庫県 植地 真子(まこ)さん(9歳)
「よくなれと まほうをとなえて くすりのむ」 福島県 天野 夏星(かほ)さん(8歳)
「水戸黄門 薬かかげて ひかえおろう」 大阪府 ハンター アンドリューさん(12歳)

◆RAD-AR(レーダー)賞:
「せきどめを おいしくしてよ くすりやさん」 兵庫県 藤田 玄さん(9歳)
「なおすため にがくてものむ 一年生」 広島県 西 紫月(しづき)さん(7歳)
「ひとりでは ちょっと心配 聞いてから」 島根県 角森 多久哉さん(12歳)
「おくすりを 正しくつかって 健康に」 山形県 齋藤 三友紀さん(14歳)
「風邪ぐすり 飲めず飲めずで 一時間」 埼玉県 松苗 新奈(にいな)さん(13歳)

【一般部門】
◆最優秀賞: 「薬箱 拡大鏡が 巾きかせ」 
          茨城県 石田 美佐江さん(53歳)
審査員 仲畑貴志氏 講評
使用上の注意は細かい文字で書かれていることが多い。正しく付き合うには、ちゃんと読まなければいけない。だから、薬箱には拡大鏡が入っているのです。

◆佳作賞:
「祖父と祖母 薬飲んだ?が 合(愛)言葉」 北海道 高松 優花さん(27歳)
「年々と 薬とシワが 増えていく」 東京都 中田 さゆりさん(40歳)
「飲み忘れ 誰かが気づく 家族愛」 宮城県 相沢 浩美さん(27歳)

◆RAD-AR(レーダー)賞:
「必需品 娘ケータイ 父くすり」 東京都 新保 喜久男さん(54歳)
「良きくすり 正しく服めば 良き効果」 大阪府 天野 誠一朗さん(76歳)
「クスリ飲み 命あづける あの世まで」 宮城県 伊藤 元雄さん(55歳)
「いけないよ 効かないからと 多服用」 静岡県 鈴木 涼介さん(19歳)
「くすりとは 苦をすり抜けると 母が言う」 大分県 渡辺 浩子さん(48歳)

ニュースリリースはこちら
くすり川柳ホームページはこちら