« 2010年05月 | メイン | 2010年10月 »

2010年06月30日

くすりの適正使用協議会 第36回通常総会/第26回理事会を開催

 くすりの適正使用協議会(会長:大橋勇郎 以下、協議会)は6月30日(水)に、「第36回通常総会/第26回理事会」を開催し、協議会から提出された議案並びに報告がすべて承認可決されたことをお知らせいたします。

 本協議会は引き続き、患者さんの健康の維持、増進のために何を提案できるかを念頭に置き、社会に貢献する活動を進めていきたいと考えております。

【RAD-AR活動をささえる会員】
 協議会は、「全ての医薬品が宿命的に併せ持つベネフィットとリスクについて、科学的に評価しその実態を社会に提示し医薬品に対する正しい理解と信頼関係を着実に得ること」を本務とし、研究開発指向の製薬企業22社、個人会員2名によって運営されています。

(企業会員) 五十音順22社  *理事社
アステラス製薬株式会社  アストラゼネカ株式会社  エーザイ株式会社* 
大塚製薬株式会社  キッセイ薬品工業株式会社
協和発酵キリン株式会社  興和株式会社  サノフィ・アベンティス株式会社
塩野義製薬株式会社*  第一三共株式会社*  大正製薬株式会社
大日本住友製薬株式会社*  武田薬品工業株式会社* 
田辺三菱製薬株式会社*  中外製薬株式会社*
日本イーライリリー株式会社  日本新薬株式会社*
ノバルティス ファーマ株式会社*  ノボノルディスクファーマ株式会社 
万有製薬株式会社  ファイザー株式会社*  明治製菓株式会社*  

(個人会員) 五十音順  敬称略
   大野 善三   三輪 亮寿

コンコーダンス指向くすりのしおり 「あなたの病気とくすりのしおり®:小児喘息編」を公開しました(News Release)

 くすりの適正使用協議会は、病気と治療の情報に「くすり」の情報を連動させた情報提供サイト「コンコーダンス指向くすりのしおり『あなたの病気とくすりのしおり®:小児喘息編』」を6月30日に公開いたしました。

 「コンコーダンス」とは、患者さんが、医療者とのパートナーシップに基づき、両者間で情報を共有し、十分に話し合った上で治療方法、医薬品の服用を決定していくプロセスのことです。
 当協議会では、このコンセプトに基づき、疾患別に“病気・治療・くすり” のトータル情報を提供し、患者さんや国民の皆さんをサポートしていくことを目指し、「コンコーダンス指向くすりのしおり」の作成に取り組んでおります。今回の「小児喘息編」は、「高血圧編」・「糖尿病編」に続くものです。

↓こちらからご覧になれます。
コンコーダンス指向くすりのしおり『あなたの病気とくすりのしおり®:小児喘息編』

「小児喘息編」概要
■小児喘息の患者さんとその家族の視点に立って、“病気・治療・くすり”の情報を平易に解説しました
■患者さん・保護者が医療者と話し合い、自身の病気やその治療について理解を深め、納得のいく治療を選択できるようにサポートしました  
■Q&Aを充実させ、患者さん・保護者の理解を深めるようにしました

 今日、患者さんとその家族は、質の高い、信頼性のある、わかりやすい情報へのアクセスを求めており、疾患啓発や「くすり」の情報についても、情報提供を行う側の意識改善が必要とされています。
 協議会では、この情報サイトを通じ患者さんが病気、治療、そして「くすり」について十分理解され、納得して治療を受けることができる環境作りに貢献したいと考えております。