« 2007年度 薬剤疫学初級セミナー 参加者を募集します。 | メイン | 所沢市高齢者大学においてミニシンポジウムを開催(6/20) »

京都府学校薬剤師会 研修会で講演しました。

 当協議会は、5月27日に京都にて行われた京都府学校薬剤師会 研修会にて、【「正しい薬の使い方」インターネットサイトの利用法】について講演いたしました。

 当協議会ではくすり教育を活動の柱として取組んでおり、そのための資材をくすり教育ホームページにて提供しています。具体的には授業用のスライドやイラスト、そして小さな実験の動画など、くすりの授業を行う先生方の考えを自在に具現化できるような資材をそろえており、実際に活用して頂いています。
 今回の京都府学校薬剤師会の研修会への参加は、府学薬会長からのホームページに関するお問合せに対応する中で、実際にスライドなどの教材をどのようにダウンロードし使うのかを研修会の参加者の方に説明して欲しいと依頼され、実現したものです。

日時・場所 :5月27日(日) キャンパスプラザ京都
参加者   : 京都府学校薬剤師会に所属する学校薬剤師33名
研修講座名:「正しい薬の使い方」インターネットサイトの利用法

 研修ではメインテーマである、くすり教育ホームページを活用した授業用スライドの作成を、実際にデモを行いながら見てもらいました。受講者の方に実際に操作してもらう時間はありませんでしたが、大変熱心に傾聴されていました。
 また、今回の研修会で受講者の方々のパソコン環境が様々であることがわかりました。各学校薬剤師の方の担当学校でのパソコン活用度は「よく使う」と「時々使う」が12%であり(下図参照)、この結果は、ホームページで教材を提供するという協議会の方針に大きな一石を投じるサプライズでした。なお、受講後のアンケートによる評価は大変高い評価を頂きました。

070627kyoto-2.jpg070627kyoto-1.jpg

【2007/8/7 追記】 
くすり教育事業では、上記のような研修会を希望される方や団体に対し、講習会への講師派遣を始めました。
詳しくはこちらのバナーをクリックして下さい。
koshukai_top_banner.jpg