« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月30日

『臨床試験からの安全性情報の取り扱い』 CIOMS Working Group VI 報告 を2007年2月22日に丸善より発売しました。

 このたび、『臨床試験からの安全性情報の取り扱い』を2月22日より丸善株式会社から発売することになりました。
 これはCIOMS ワーキンググループ VI の報告を日本語に訳したものです。この中で、開発時での臨床試験開始時点から市販後までの安全性情報を総合的に管理する事の重要性と、管理を強化するための方策を提案しています。

◆書籍名:『臨床試験からの安全性情報の取り扱い』 CIOMS Working Group VI 報告
◆2007年2月22日発行
◆A4版 220ページ
◆監訳:くすりの適正使用協議会
◆発行:(有)レーダー出版センター
◆発売:丸善出版事業部
◆ISBN:978-4-9902064-3-7

書籍詳細ページはこちら

表紙イメージ
cioms6image.jpg

2007年01月29日

RAD-AR News Vol.17-No.4の発行のお知らせ及び、読者アンケートについて

 機関誌「RAD-AR News(レーダーニュース)」の<No.4>を1月中旬に発行しましたので、その概要をご案内します。

 ・年頭所感
 ・児童向けくすり教育の拡大をめざして(協議会 学校教育小委員会の活動最新報告)
 ・ICPE報告「薬剤疫学の今後に大きな期待」
 ・海外レポート~イギリス~/くすりの学校教育③/薬物乱用も含めた総合的なくすり(drugs)教育に取り組む
 ・薬局最前線・PARTⅡ④/患者さんとのかかわりで、日々成長していく薬剤師
 ・外国籍住民の医療/外国人の診療には保険制度の見直しが不可欠
  (亀戸ひまわり診療所・平野敏夫氏による特別講演)
 ・「暮らしの中のデザインに関するアンケート」の調査結果にみるユニバーサルデザイン市場動向
  ((ユニバーサルデザインフォーラム・指宿ひとみ氏による特別講演)
 ・編集後記
 ・イベントカレンダー

なお、次号は平成19年4月中旬に発行の予定です。

また、今号で行った読者アンケートを終了しました。
合計363件のご回答を頂き、誠にありがとうございました。
結果は次号(Vol.18,No.1)にてご報告させて頂く予定です。

レーダーニュース・電子ブックはこちら
17-4.jpg

2007年01月10日

「いのちを守るデザイン展」に協賛します。

 1月13日(土)から「いのちを守るデザイン展」が開催されますが、当協議会は協賛団体として参画します。非常口や避難場所の指示、電気製品の取扱い説明、乗り物での注意、建設現場での注意、くすりの飲み方など、私たちのまわりには、身の安全を守るためにたくさんのピクトグラムが使われています。災害などの緊急時だけでなく、日常生活を通じて「私たちのいのちを守る」というコンセプトでどれもが用いられています。当デザイン展はそうしたピクトグラムの全貌、研究結果や未来像などを紹介し、「もっと自分たちに出来ることがあるのでは?」と考えていただくものです。当協議会が開発したピクトグラム「くすりの絵文字」も、出展の一画で具体的に紹介されています。興味がおありでしたら、ぜひ会場まで足を運んでいただき、デザインの力を体感してみてください。デザイン展の概要は下記の通りです。


◇開催期間: 1月13日(土)~1月21日(日)
◇会 場:   世田谷文化生活情報センター生活工房
         TEL 03-5432-1543
◇開場時間: 毎日11時~19時
◇アクセス:  東急田園都市線「三軒茶屋駅」下車、徒歩5分
         東急世田谷線「三軒茶屋駅」下車すぐ
◇入場料:   無料。

◇基調講演会: 「いのちを守るピクトグラム」  13日(土)14:00~16:00
◇シンポジウム: 「いのちを守るデザインとは?」 14日(日)13:00~16:30

---->ピクトグラムの庫はこちら
---->詳しい内容については、下記のホームページをご覧ください。
    「いのちを守るデザイン展」のイベント情報はこちら
070110inochidesign.jpg